台風14号は6日午後、日本列島の南海上をほぼ西へ進んだ。8日に強い勢力で沖縄県・大東島地方に接近した後、9日から10日にかけては奄美地方や西日本に接近する可能性がある。9日以降は前線も活発化するとみられ、気象庁は奄美と西・東日本では大雨になる恐れがあるとして、注意を呼び掛けている。
 14号の10日以降の進路予想は定まっていないが、西・東日本の太平洋側沿岸や沖合を進む可能性もある。
 沖縄・奄美と九州南部では台風が接近するにつれ、暴風や高波に警戒が必要。8日にかけて予想される最大瞬間風速は沖縄35~45メートル、奄美と九州南部25~35メートル。波の高さは奄美9メートル、沖縄と九州南部8メートル。
 14号は6日午後6時、日本の南海上をゆっくりと西北西へ進んだ。中心気圧は992ヘクトパスカル、最大風速23メートル、最大瞬間風速35メートル。半径440キロ以内が風速15メートル以上の強風域。 

(ニュース提供元:時事通信社)