日本、米国、オーストラリア、インド4カ国の外相が6日、東京都内で会談した。各外相は「自由で開かれたインド太平洋」構想の実現に向け、自由貿易や「法の支配」など価値観を共有する諸国との幅広い連携を目指す方針で一致。4カ国による外相会合を定例化し、年1回のペースで継続することでも合意した。
 米国のポンペオ国務長官は、新型コロナウイルスの世界的流行に触れ「中国共産党が隠蔽(いんぺい)したことで事態は悪化した」と非難。「この大変なパンデミックに勝利し、共に経済を再建したい」と呼び掛けた。
 ポンペオ氏はまた、南シナ海、東シナ海、台湾海峡などを挙げて「中国共産党の腐敗、搾取、威圧から人々を守らなければいけない」とも語った。 
〔写真説明〕外相会合を前に記念撮影に応じる茂木敏充外相(左から2人目)と米豪印3カ国外相=6日午後、東京都港区の外務省飯倉公館(代表撮影)

(ニュース提供元:時事通信社)