【ワシントン時事】米商務省が6日発表した8月の貿易統計(国際収支ベース、季節調整済み)によると、モノの取引に限った貿易赤字は前月比3.8%増の838億6000万ドルとなった。新型コロナウイルス感染対策の緩和で輸入が増加し、単月の赤字幅は7月に続いて集計開始以来の最大を更新した。
 モノとサービスを合わせた赤字幅は671億200万ドルと、2006年8月(約683億ドル)以来の高水準。輸入が3.2%増、輸出は2.2%増。ただ感染再拡大が響いたとみられ、輸出入の伸びは前月から縮小した。 

(ニュース提供元:時事通信社)