【ベルリン時事】ベルリン市は6日、新型コロナウイルス感染者の増加を受け、飲食店を含めた商店の深夜営業を10日から当面、月末まで禁止すると発表した。ベルリン市政府は、ドイツ国内各州政府と同格の権限を持っている。
 ガソリンスタンドなどを除き、午後11時~午前6時の営業を禁止する。時間帯にかかわらず、屋内での私的な集まりも10人までに制限する。 

(ニュース提供元:時事通信社)