強い台風14号は8日午前、奄美大島の東海上を北上した。10日朝に紀伊半島沖へ進んだ後、11日朝にかけて東海や関東の沖合を北東へ進むか、上陸する可能性がある。気象庁は奄美と西・東日本の太平洋側では暴風や高波に警戒するよう呼び掛けた。
 一方、西・東日本の太平洋側に延びる前線も14号の北上に伴い活発化し、広い範囲で雨が降った。四国と近畿、東海、関東甲信では大雨による土砂災害、低地の浸水、河川の増水に警戒が必要。
 9日正午までの24時間予想雨量は多い所で、東海と伊豆諸島、近畿150ミリ、四国と九州北部120ミリ。その後、10日正午までの同雨量は、東海300~500ミリ、近畿と四国300~400ミリ、伊豆諸島200~300ミリ、関東甲信100~200ミリ。
 鹿児島県・屋久島では8日午前8時50分すぎに最大瞬間風速34.8メートルを観測した。
 9日にかけて予想される最大瞬間風速は九州南部と奄美、四国、東海、関東甲信35メートル、九州北部と近畿30メートル。波の高さは九州南部10メートル、奄美と四国9メートル、九州北部8メートル、沖縄と近畿、東海7メートル。
 14号は8日午前11時、奄美大島の東約340キロの海上を時速15キロで北へ進んだ。中心気圧は970ヘクトパスカル、最大風速35メートル、最大瞬間風速50メートル。半径110キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、東側440キロ以内と西側390キロ以内が風速15メートル以上の強風域。 

(ニュース提供元:時事通信社)