小中高校の体育授業で実施する武道と球技について、スポーツ庁は9日までに新型コロナウイルス対策で注意すべきポイントをまとめ、全国の教育委員会などに通知した。剣道は「面」「胴」など発声を極力控え、柔道は寝技で頭同士が過度に密着しないよう配慮を求めた。
 武道や球技は子ども同士が接触するため、今年度は多くの学校で実施を見合わせているという。ただ、小中高校の一部の学年では、武道や球技が必修で、今年度中に授業に取り入れる必要がある。学校現場などから、実施に当たっての基準を示すよう求める声があり、注意点を整理した。
 通知では武道の場合、児童生徒が3人1組で練習や試合をし、対戦相手を減らして感染拡大を抑える。球技の場合、バスケットボールは1チーム3人、サッカーは同5人で練習し、チーム同士の試合は短時間で行うよう目安を設けた。一方で、人数などは地域の感染状況に応じて柔軟に設定できることも盛り込んだ。 

(ニュース提供元:時事通信社)