【ソウル時事】北朝鮮の朝鮮中央テレビは10日、朝鮮労働党創建75周年を祝賀し、平壌の金日成広場で同日午前0時(日本時間同)から行われた大規模な軍事パレードの様子を放送した。金正恩朝鮮労働党委員長は軍事パレードを閲兵し、演説では「自衛的手段として戦争抑止力を引き続き強化していく」と強調。新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)も登場し、米国を強くけん制した。
 パレードには、片側11輪の移動式発射台(TEL)に載せられた新型ICBMが初めて登場。新型潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)も初公開した。いずれも詳細は不明だが、新型ICBMは北朝鮮が米本土を射程に収めると主張するICBM「火星15」より大型化し、複数の弾頭が装備可能な「多弾頭型」の可能性もある。

(ニュース提供元:時事通信社)