20カ国・地域(G20)の財務相・中央銀行総裁によるテレビ会議が14日に開かれる。各国の中銀が研究を進めるデジタル通貨や、債務問題を抱える開発途上国への追加支援などの議論に注目が集まる。会議のポイントについて大和総研チーフエコノミストの熊谷亮丸氏と、元日銀理事でみずほ総合研究所エグゼクティブエコノミストの門間一夫氏に聞いた。