【ニューヨーク時事】米中西部ミシガン州のウィットマー知事(民主党)を拉致する計画に関与したとして計13人が逮捕された事件で、連邦捜査局(FBI)の捜査官が13日、南部バージニア州のノーサム知事(民主党)も標的にされていたと証言した。新型コロナウイルス対策の外出禁止措置などに対する反発が背景にあったという。米主要メディアが伝えた。
 両州は3月下旬、外出禁止などを実施。経済活動の再開にも慎重姿勢を示し、右派から反発を受けていた。トランプ米大統領も4月に「バージニアを解放しろ」とツイッターに投稿、両州の知事を批判していた。 

(ニュース提供元:時事通信社)