【エルサレム時事】トルコのチャブシオール外相が13日にアンカラで行われたリンデ・スウェーデン外相との共同記者会見で、クルド人勢力が強い影響力を持つシリア北東部からのトルコ軍撤退を促す欧州側の「上から目線」に激高する一幕があった。
 会見では、リンデ氏が欧州連合(EU)の立場を代弁する形で「われわれはトルコに撤退を促し続ける」と発言。これに対し、チャブシオール氏は「促すとは外交上、相手を見下す発言で、呼び掛けると言うこともできるはずだ。どのような権限でトルコに警告を発するのか」と反論した。 

(ニュース提供元:時事通信社)