加藤勝信官房長官は15日の記者会見で、自民党の長島昭久衆院議員らが国民一律5万円の定額給付金支給を盛り込んだ40兆円規模の追加経済対策を要望したことについて、「経済情勢や感染症の状況をしっかり見ながら、必要があれば臨機応変に対応していきたい」と語った。現金一律給付に関しては「今の段階で具体的に決めているわけではない」と述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)