新型コロナウイルスの感染拡大を受け1人10万円を配る「特別定額給付金」の2回目の給付を装った不審なメールが相次いでいることが15日、分かった。個人情報を聞き出す偽サイトに誘導する内容となっており、総務省は「国が設置したものではない。決してアクセスしないでほしい」と注意を呼び掛けている。
 総務省によると、メールは「二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました」との件名で、差出人欄に「総務省」などと入力されていた。リンク先にアクセスすると、氏名やクレジットカード情報などの入力を求める偽サイトが表示される。メールが届いた一般の人や自治体関係者から問い合わせがあり、判明した。
 一律10万円の現金給付は、国の今年度第1次補正予算に事業費が計上され、ほぼ全ての市区町村で申請の受け付けを終了している。追加の給付について同省は「何も決まったものはない」としている。 

(ニュース提供元:時事通信社)