政府は16日の閣議で、新型コロナウイルス対策の予備費を5492億円使用することを決めた。雇用維持のため、従業員を休ませて手当を支給した企業を支援する雇用調整助成金の財源として、4391億円を支出することが柱。
 サプライチェーン(部品供給網)の国内投資促進策や、農林漁業者の経営継続支援にも予備費を使用する。政府はコロナ対策を迅速に行うため、2020年度第1次・2次補正予算で計11兆5000億円の予備費を計上した。今回の支出で残額は7兆2780億円となる。 

(ニュース提供元:時事通信社)