平沢勝栄復興相は16日の閣議後記者会見で、東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水の扱いについて、「風評対策を含めて関係者のご意見を聞きながら結論を出していきたい」との考えを示した。
 政府が処理水を海洋放出する方針を固めたことに関しては、「(政府方針が固まったとの)報道は承知しているが、具体的なやり方が決まったということは承知していない」と述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)