【モスクワ時事】ロシア最高検察庁によると、クラスノフ検事総長が16日、北方領土を訪問した。司法当局トップの北方領土入りは異例で、現地でのロシアの司法権を強調する狙いがありそうだ。
 ロシア高官の北方領土入りは8月にジニチェフ非常事態相が訪問して以来で、菅義偉首相の就任後では初めて。クラスノフ氏は国後島、色丹島、択捉島を訪れた。 

(ニュース提供元:時事通信社)