京セラは16日、従業員1人の業務用パソコン(PC)が「マルウエア」と呼ばれるウイルスに感染し、社内外の個人情報が最大約1万5000件流出した可能性があると発表した。この従業員を装ったメールの外部送信が確認されており、被害拡大の恐れから、京セラでは不審なメールを受け取った場合は開かずに削除するよう呼び掛けている。
 流出した可能性があるのは取引先の住宅メーカー担当者や顧客らのほか、従業員とPCでやりとりしていた同僚の氏名や住所、電話番号、メールアドレスなど。これまでに悪用されるといった被害は確認されていない。 

(ニュース提供元:時事通信社)