【北京時事】中国外務省の趙立堅副報道局長は19日の記者会見で、日本政府が東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含んだ処理水を海に放出する方針を固めたことについて、「日本政府は責任ある態度で、適時、正確、透明な形で情報公開し、周辺国と十分協議した上で、慎重に決定してほしい」と述べ、中国を含む周辺国と事前に協議するよう注文を付けた。 

(ニュース提供元:時事通信社)