東日本高速道路は19日、東京都調布市の住宅街で18日、市道の一部が陥没し、縦約3メートル、横約5メートル、深さ約5メートルの穴が開いたと発表した。陥没場所の地下では、東京外郭環状道路(外環道)のトンネル掘削工事が進行中で、同社は原因判明までの間、工事を中断する。
 同社によると、陥没は18日午後0時半ごろ、調布市東つつじケ丘で発生。けが人はいなかったが、周囲3軒の住人が一時避難したという。穴は19日未明までに埋め戻した。
 地下約50メートルで、南北方向にシールド工法による掘削工事を進めており、掘削機は9月14日に陥没場所の真下を通った。同社は陥没との因果関係などを調べている。他の場所で陥没やトンネルの損傷は確認されていないという。 

(ニュース提供元:時事通信社)