【モスクワ時事】ロシア情報機関が東京五輪・パラリンピックの関係当局に対しサイバー攻撃を仕掛けていたとする英政府の発表を受け、ロシアのスルツキー下院外交委員長は19日、「まれに見るたわごと」と強く反発した。タス通信が報じた。
 スルツキー氏は「ロシアの信用を失墜させるためのさらなる一歩」と述べ、英政府の発表をナチス・ドイツのプロパガンダになぞらえて非難。「こうした発表によって、ロシアと英米の関係は繰り返し損なわれている」と強調した。 

(ニュース提供元:時事通信社)