気象庁は21日、四国では22日夕方から23日午前まで、近畿では22日夜遅くから23日まで大雨になる恐れがあると発表した。前線を伴う低気圧が西日本を通過するため、激しい雨や突風、落雷が予想される。低地の浸水や河川の増水、土砂災害に十分注意が必要という。 

(ニュース提供元:時事通信社)