【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)と英国は22日、ドイツの連邦議会(下院)を標的とした2015年4月と5月のサイバー攻撃に関与したとして、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)トップのイーゴリ・コスチュコフ長官ら2人とGRU傘下組織に対する制裁を科したと発表した。
 EUへの渡航制限や資産凍結の措置を取る。攻撃では、議会から大量のデータが盗まれ、メルケル独首相のほか複数の議員のメールアカウントも被害を受けた。 

(ニュース提供元:時事通信社)