【パリ時事】フランス保健省は23日、新型コロナウイルスの24時間以内の新規感染者数が4万2000人超となり、累計感染者数が100万人を超えたと発表した。政府は、パリなどの都市で17日から導入している夜間外出禁止令の適用範囲を、24日から拡大。全人口の約70%が対象となる。
 マクロン大統領は23日、記者団に「今の段階では他に選択肢がない」と述べ、規制強化に理解を求めた。対象地域では飲食店を中心に大幅な売り上げの減少が予想される。
 パリの観光名所エッフェル塔の運営会社社長は23日、仏ラジオに「夏以降、来場者数は例年の10~20%にとどまっている」と説明。入場者の約85%を占める外国人観光客の激減が響いたと述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)