【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)の欧州疾病予防管理センター(ECDC)は23日、新型コロナウイルス感染の最新のリスク分析を発表し、EU27カ国のうち23カ国と英国を3段階中で最も高い「深刻な懸念」に分類した。
 検査の陽性件数は「8月から徐々に増え、過去数週間で著しく拡大した」といい、新型コロナの「第2波」は欧州全体に急速に広がっている。
 アモン所長は声明で「感染の増加が続くことは公衆衛生への大きな脅威となる」と指摘。「医療サービスにかかる圧力や死亡率への影響は、ますます明白になっている」と強調した。 

(ニュース提供元:時事通信社)