アフガニスタンの首都カブール西部にある私立の教育施設付近で24日、爆発が起き、内務省報道官によると、18人が死亡、57人が負傷した。保健省によれば、犠牲者には10代の若者が含まれている。自爆犯が施設に入る手前で警戒中の治安要員に発見され、施設外で自爆したという。
 ロイター通信などによると、過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行を主張する声明を出した。カブール西部には、イスラム教シーア派の少数民族ハザラ人が多数住んでおり、ISや反政府勢力タリバンのテロにさらされてきた。 

(ニュース提供元:時事通信社)