原子力規制庁は27日、職員が使う電子メールやファイル共有などを管理するサーバーに外部から不正な侵入があったと発表した。情報漏えいの有無などを調べている。
 規制庁によると、26日午後5時40分ごろ、外部からの侵入と思われる不正な通信をシステムが検知。接続記録(ログ)を調べたところ、業務用ネットワークシステムの一部のサーバーに侵入の痕跡があったため、27日に外部との接続を遮断した。
 侵入されたサーバーに、職員の個人情報や核物質防護に関する情報が含まれていたかは不明だといい、規制庁はこれらの情報を含め、外部への流出がないかなどを調べている。 

(ニュース提供元:時事通信社)