JR東海は28日、2021年3月期の連結業績について、純損益が1920億円の赤字(前期は3978億円の黒字)になる見通しだと発表した。新型コロナウイルスの影響による出張や旅行の自粛で、主力の新幹線事業の収入が大幅に減少しているため。1987年の民営化後、初めて通期での最終赤字に転落する。
 売上高は前期比53.2%減の8630億円、営業損益は1850億円の赤字(同6561億円の黒字)を見込む。鉄道事業の運輸収入は62.2%減の5160億円となる見通しで、21年3月には4割減、6月には2割減にまで回復すると予想した。
 記者会見した金子慎社長は「大変厳しい事態だ」としつつも、「いつまでもこの状況が続くとは考えていない」と強調。収益の改善に向けコスト削減を徹底していく考えを示した。 

(ニュース提供元:時事通信社)