政府は29日、新型コロナウイルス感染症対策分科会(会長・尾身茂地域医療機能推進機構理事長)の会合を東京都内で開いた。都市部の繁華街で新型コロナ感染が確認された場合、症状の有無を問わず地域で集中的にPCR検査を実施するなど対策を強化すべきだとの考え方で一致した。
 冒頭、西村康稔経済再生担当相は「(繁華街で)感染拡大が検知された場合、戦略的にPCR検査を行うことが大事だということが分かってきた」と指摘した。 
〔写真説明〕新型コロナウイルス感染症対策分科会であいさつする西村康稔経済再生担当相(中央)=29日午前、東京都千代田区

(ニュース提供元:時事通信社)