自動車大手8社が29日発表した2020年度上半期(4~9月)の国内生産台数は、合計で前年同期比30.4%減の319万1867台だった。上半期としては2年ぶりのマイナス。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた需要減によるもので、全社が前年割れ、日産自動車と三菱自動車は5割以上落ち込んだ。
 トヨタ自動車は26.4%減。「ハリアー」や「ヤリス」などの新型車が生産を押し上げたが、2年ぶりの前年割れとなった。
 日産は55.9%減となり3年連続のマイナス。三菱自は58.6%減で、昨年投入した「eKワゴン」の販売が低迷するなど苦戦を強いられた。ホンダも25.1%減と5年ぶりに前年を下回った。 

(ニュース提供元:時事通信社)