黒田東彦日銀総裁は4日のオンライン記者会見で、米大統領選が為替相場に及ぼす影響に関して、「ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を反映して安定的に推移することが最も望ましい」と強調した。その上で「経済、物価、金融情勢に応じて適宜適切な政策をとる」と述べ、市場の動揺に備える姿勢を示した。 

(ニュース提供元:時事通信社)