加藤勝信官房長官は4日の記者会見で、原発の再稼働について「いかなる事情より安全性を最優先し、原子力規制委員会が新規制基準に適合すると認めた場合のみ、地元の理解を得ながら再稼働を進めていく」と述べた。「政府としても地元の理解を得ること、避難計画の策定支援などにしっかり取り組んでいきたい」とも語った。 

(ニュース提供元:時事通信社)