衆院議院運営委員会は5日の理事会で、新型コロナウイルスのワクチン接種関連法案について、10日の本会議で菅義偉首相が出席して趣旨説明と質疑を行い、審議入りすることを決めた。日英経済連携協定(EPA)承認案については、与党が12日の審議入りを提案。野党は持ち帰った。 

(ニュース提供元:時事通信社)