【ビジネスワイヤ】G20エンゲージメント・グループのアーバン20(U20)は、世界都市強靱(きょうじん)性基金の創設に取り組んでいると発表した。この基金は、U20議長都市のリヤドと、共同議長都市のローマとブエノスアイレスが共同で設置した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するU20特別作業部会(SWG)の調査結果を受けて発足する。すべての都市住民のより安全な未来に向けた新しい学びとアイデアの伝達加速を目標とする。基金の詳細と手法は年末までに発表される。
 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。英語原文はwww.businesswire.comへ。 

(ニュース提供元:時事通信社)