米大統領選で民主党のバイデン前副大統領が勝利を確実にしたことについて、与野党から8日、日米関係の発展や、新型コロナウイルス対策への積極的取り組みを期待する声が上がった。
 自民党の下村博文政調会長は「安倍晋三前首相とトランプ大統領がつくった絆を今度は菅義偉首相とバイデン氏がつくることで、両国のさらなる発展につながるように期待している」と取材に語った。「日米同盟の基軸は変わらず、より強固にしていく必要がある」とも述べた。
 公明党の山口那津男代表はコメントで、バイデン氏と副大統領候補のハリス氏に「心からお祝い申し上げる」とした上で、「(日米が)力を合わせていけるよう与党としての役割を果たしていく」と強調した。
 立憲民主党の枝野幸男代表はツイッターで、両氏に「心からの祝意を表す」としつつ、「多様性を尊重するとともに国内外の融和を取り戻す政治を展開されるよう祈念する」と書き込んだ。
 共産党の志位和夫委員長はコメントを発表し、「パンデミック対策など、どのような政策を提示するか注目したい」と指摘。同時に「異常な従属関係を抜け出し、対等・平等の日米関係を確立する立場で対していきたい」とした。国民民主党の玉木雄一郎代表はツイッターで「今後、対中国政策、新型コロナ対策、経済対策がどうなるか緊張感を持って注視したい」と記した。 

(ニュース提供元:時事通信社)