国内外で開発が進む新型コロナウイルスのワクチンについて、厚生労働省は9日、優先接種が決まっている高齢者と基礎疾患がある人のうち、高齢者を優先させる方針を厚生科学審議会の部会に示し、了承された。高齢の感染者が特に重症化しやすいためで、厚労省などは今後、二つのグループの具体的な範囲を検討する。
 政府の対策分科会は、両者の他に新型コロナの診療を直接行う医療従事者などを優先接種の対象とする方針を決めており、全体の中でどのグループを最優先するか議論を進める。 

(ニュース提供元:時事通信社)