【サンパウロ時事】中米カリブ地域で猛威を振るっている熱帯低気圧「エタ」により、ホンジュラスでは増水した川にのみ込まれるなどして9日までに少なくとも57人が死亡した。AFP通信が伝えた。
 エタは先週、5段階のうち2番目に強い「カテゴリー4」のハリケーンとして中米を直撃。その後熱帯低気圧に勢力を弱めたが、大雨による地滑りなどにより、グアテマラを中心に計200人以上の死者が出ている。 

(ニュース提供元:時事通信社)