環境省は13日、鹿児島県出水市で採取されたツルのねぐらの水から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が検出されたと発表した。自然環境下での検出は10月末の北海道に続き、今年2例目。
 鹿児島大学と出水市が例年行っている調査で、今月9日にツルがねぐらとしている田んぼから水を採取し、13日に陽性と確認した。
 環境省は採取地点から半径10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定。今後、鹿児島県などと協力し、周辺で死亡している野鳥のウイルス保有状況などを調査する。 

(ニュース提供元:時事通信社)