【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)は13日、オンライン形式で開いた内相会議で、域内におけるテロ防止策を協議した。イスラム過激派などの動きを詳細に把握するため、域外との国境管理を強化する方針で一致した。
 フランスやオーストリアでイスラム過激派によるテロ事件が相次いだことを受けた措置。欧州委員会のヨハンソン委員(内務担当)は記者会見で、欧州26カ国内での移動の自由を認めた「シェンゲン圏」への渡航者のうち22%を適切に把握できていないと指摘。「明らかに改善の余地がある」と強調した。 

(ニュース提供元:時事通信社)