【ワシントン時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は13日、国際テロ組織アルカイダのナンバー2と目される最古参幹部が今年8月、イランの首都テヘランで米国の要請を受けたイスラエルの工作員に暗殺されていたと報じた。幹部はエジプト出身のアブドラ・アフメド・アブドラ容疑者で、1998年に起きたケニアとタンザニアの米大使館連続爆破事件の首謀者の一人とされる。 

(ニュース提供元:時事通信社)