東京都の小池百合子知事は16日午後、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と都庁で会談した。来夏に延期された東京五輪・パラリンピックの開催を実現する方針で一致し、大会成功に向けて新型コロナウイルス対策に万全を期すことを確認した。
 会談で小池知事は、「コロナ対策は最大限の努力を重ねているところで、アスリートを迎えることができるよう努めている」と説明。「大会の安心・安全な運営をすることが重要だ」と述べ、IOCや国などと連携して準備する考えを示した。
 バッハ会長はこれに対し、「全ての関係者が一致団結してコロナ対策を練っていくことが必要だ」と強調。「想像できる限りの道具を全て備えることで、万が一のことが発生した場合にも適した道具を取り出し活用できるようにしたい」と話し、検査態勢の強化などを図る方針を示した。 
〔写真説明〕会談前に「肘タッチ」をする東京都の小池百合子知事(左)とIOCのバッハ会長=16日午後、都庁

(ニュース提供元:時事通信社)