自民党は16日の党新型コロナウイルス対策本部などの合同会議で、感染者らに対する差別の解消に向けた法案を了承した。感染を理由とした解雇や治癒した従業員の出社拒否を禁止。議員立法として提出し、今国会での成立を目指す。ただ、罰則は設けないため、実効性は不透明だ。
 法案は「何人も新型コロナに関連する差別を行ってはならない」と明記。インターネット上での誹謗(ひぼう)中傷や感染者の情報を「さらす」行為も禁じる。 

(ニュース提供元:時事通信社)