加藤勝信官房長官は17日の記者会見で、ゲーム大手カプコンがサイバー攻撃を受けて個人情報など約36万件が流出した可能性があると発表したことについて、「政府はランサムウエア(身代金要求型ウイルス)対策の特設ページを開設し、注意喚起やソフトウエアの適切な更新などの対策を紹介している」と説明し、各企業が情報管理を徹底するよう求めた。 

(ニュース提供元:時事通信社)