【ワシントン時事】ミラー米国防長官代行は17日、アフガニスタン駐留米軍について、来年1月15日までに現在の約4500人から2500人規模に縮小すると表明した。国防総省で記者団に語った。拙速な米軍撤収がこれまでの対テロ戦争の成果を台無しにしかねないとの懸念を黙殺し、トランプ大統領の任期切れまでに駆け込みで撤収を強行する姿勢を鮮明にした。
 ミラー氏は「米軍の継続的再配置に関する大統領の指示を実行に移す」と説明。イラク駐留米軍も現在の約3000人から2500人に削減するとした上で、「既存の計画と戦略的目標に沿ったもので、政策の変化ではない」と強調した。 

(ニュース提供元:時事通信社)