西村康稔経済再生担当相は18日、経団連と日本商工会議所、経済同友会の3団体とテレビ会議を行い、新型コロナウイルス感染拡大防止に向け、テレワークの推進や会食時のマスク着用などの対策を改めて徹底するよう要請した。
 西村氏は、東京などでの足元の感染増加について「強い危機感を持っている」と表明。経済界に、テレワークや時差出勤といった取り組み強化のほか、職場の換気、感染が増えている会食時のマスク着用などを求めた。 

(ニュース提供元:時事通信社)