政府は、新型コロナウイルスの新規感染者数が過去最多を更新するなど、全国で感染再拡大が顕著となっていることに警戒を強めている。20日に対策分科会を開き、専門家の分析を踏まえた対応を協議する。ただ、観光支援事業「Go To トラベル」は継続する方針で、感染防止と経済再生の両立を目指す姿勢を堅持する。
 菅義偉首相は18日、西村康稔経済再生担当相、田村憲久厚生労働相と首相官邸で会い、国内の感染状況などについて報告を受けた。その上で「感染拡大を防ぐため、全力を挙げて取り組むように」と述べ、都道府県知事と連携し、高齢者施設でのPCR検査の徹底などを指示した。
 加藤勝信官房長官は記者会見で「最大限の警戒感を持って感染状況に応じた対策を図る必要がある」と強調。その一方で、GoToトラベルについて「感染拡大防止を徹底しつつ、適切な事業の推進を図っていきたい」との意向を示した。
 分科会はGoToトラベルをめぐり、感染者の急増状況を示す「ステージ3」に該当する場合、対象地域の除外を検討するよう提言している。これに関し、加藤氏は「対策をしっかりやってもらえれば、旅行による感染リスクは低減できる」と述べた。
 加藤氏はまた、日本医師会の中川俊男会長が感染拡大地域への「移動自粛」を求めたことに対し、「県をまたいだ移動について一律に自粛を要請する必要があるとは考えていない」と反論した。 

(ニュース提供元:時事通信社)