米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、新型コロナウイルスの世界の死者数が日本時間25日、140万人を超えた。9月下旬に死者が100万人を超えてから約2カ月しかたっていない。英国に続きイタリア、フランスでも死者数が5万人に達するなど、「第2波」に見舞われる欧州や米国などで感染拡大の勢いに歯止めがかからない状況だ。
 同大によれば、感染者数の累計も6000万人に迫っている。
 AFP通信は24日、世界全体で過去24時間の死者は7896人、感染者は59万3934人だったと報じた。国別の死者数は、最多の米国が約25万9000人、ブラジルが約16万9000人、インドが約13万4000人、メキシコが約10万1000人と続く。 

(ニュース提供元:時事通信社)