国内では25日、新たに1948人の新型コロナウイルス感染が確認された。新規感染者が2000人を下回るのは3日連続。東京都は401人で、1日当たりの感染者数は4日ぶりに400人を上回った。大阪府は318人で3日ぶりに300人を超えた。死者は北海道で6人増えるなど全国で計21人増加し、クルーズ船の乗船者らを含めた累計は2049人になった。
 都によると、年代別では20代が101人で最も多く、30代73人、50代65人などと続いた。重症化リスクの高い65歳以上は54人。重症者は前日比3人増の54人だった。
 感染拡大が顕著な北海道の新規感染者は181人。政府の観光支援事業「Go To トラベル」から一時除外された札幌市は75人で、17日ぶりに100人を下回った。
 厚生労働省によると、全国の重症者は前日比31人増の376人。23日に「第1波」ピーク時の328人(4月30日)を上回って以降、最多を更新し続けている。病床使用率は北海道や首都圏、関西圏などを中心に悪化が続き、各地で医療提供体制の逼迫(ひっぱく)に警戒を強めている。 

(ニュース提供元:時事通信社)