【カイロ時事】サウジアラビア南西部シュカイクの港で25日、ギリシャの海運会社が運航する石油タンカーが停泊中に爆発を起こした。タンカーは水面から約1メートルの部分が破損し、何者かが仕掛けた機雷による可能性が高い。サウジは、対立するイランに近いイエメン武装組織フーシ派の「テロ攻撃」と非難した。
 タンカーの乗員に負傷者はおらず、海洋への油漏れも起きなかった。フーシ派は犯行を認めていない。
 フーシ派は23日にも、サウジ西部ジッダにある国営石油会社サウジアラムコの石油施設を狙ってミサイルで攻撃。貯蔵タンクが損壊するなどの被害が出た。また、報道によると、紅海上では24、25両日、サウジ主導の連合軍がフーシ派によって設置されたとみられる機雷を多数発見し、破壊したという。 

(ニュース提供元:時事通信社)