加藤勝信官房長官は26日の記者会見で、観光支援事業「Go To トラベル」の利用者で新型コロナウイルスの感染が確認されたのは25日時点で197人だったと明らかにした。
 加藤氏はこの197人から宿泊施設の従業員に感染した例はないとも説明。「参加登録宿泊施設に対し、利用者や従業員に感染者が出た場合には運営事務局に対して報告するよう求めている」と述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)