経済産業省は26日、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けたイベント事業者や商店街を支援する「Go To イベント」と「商店街」について、札幌市を適用対象から一時的に除外すると発表した。北海道の要請を受け、イベントは28日から、商店街は26日からそれぞれ来月15日までの間、チケット購入費割引などの対象から外す。両事業で除外措置が適用されるのは初めて。
 両事業は感染拡大などの場合、知事が適用対象の除外を運営事務局に要請できる。除外期間中のイベント開催は可能だが、支援対象にはならない。除外期間前に購入した割引チケットはいつでも利用できる。オンラインでのイベントについては、感染の恐れがないため引き続き支援対象だ。
 札幌市内では、謎を解きながら密室からの逃走を目指す「脱出ゲーム」を提供する事業者1社が「イベント」で登録され割引チケットの販売が始まっている。「商店街」の登録はない。 

(ニュース提供元:時事通信社)