島津製作所は27日、新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査装置を開発し、中小規模の病院や検疫所向けに販売を開始したと発表した。全自動式で、最短90分で結果が判明。他社製品よりも安く設定しており、検査体制の拡充を後押しする。
 装置は幅30センチ、奥行き65センチ、高さ66センチとクリニックなどでも設置しやすい小型サイズ。1台で4検体が同時に測定でき、結果は接続先のパソコンにグラフやリポート形式で表示される。 
〔写真説明〕島津製作所が販売を開始したPCR検査装置=27日午前、京都市

(ニュース提供元:時事通信社)